[秋田県] 稲庭うどん七代佐藤養助

[秋田県] 稲庭うどん 七代佐藤養助

創業万延元年、
細麺が特徴の伝統の味。

江戸時代の頃より日本人に食されてきた「うどん」。秋田県南、湯沢市稲庭町でうどんといえば稲庭干饂飩のこと。
雪深い寒冷地の保存食として食されてきたものが、後に上納品とされた大変高価なものとして名を高め、その旨さは今日、贈答品、土産品として親しまれています。


  • ※クリックで拡大表示

商品詳細

稲庭干饂飩詰合せ ¥3,240(税込)
●セット内容:うどん(80g)×6個/醤油つゆ(アルミパック入、80g)×3袋×2箱
●賞味期限:うどん 常温で730日/つゆ 常温で365日